お父さんのための児童・発達心理学

お父さんのための児童・発達心理学

お父さんも、積極的に子育てしよう!

父親は、子育てに参加すべきかどうか。

 

実はこれはなかなか難しい問題だ。

 

3歳までの子供は母親しか意識しておらず、父親は子供にあまり求められていない。

 

子供に求められているのは奥さんであり、父親には奥さんの負担を軽くする振るまいが求められる。

 

というのも母親は毎日毎日、体調が悪くても疲れていても、家事と子育てをしているわけだから、ムラもあれば手抜きもある。

 

それが子どもの将来に問題ないレベルならいいが、そうでなければ大変だ。

 

お父さんももう少し家庭に目を向けて、子育てに参加してみてはどうか。

 

お父さんにだって、できることはたくさんある。

 

奥さんの子育ての悩みを、聴いてあげるだけでもいい。

 

たしかにそれは結構頭の痛いことだし、とんでもない女性もいるだろう。

 

しかし聴いてもらうだけで、奥さんはすっきりとした気分になって、また明日からがんばろうと思ってくれるなら、やってみる価値はある。

 

それから奥さんに、感謝の言葉をかけてあげよう。

 

お父さんは仕事から帰ってくると、「お疲れ様」と言われることがあると思う。

 

が女親に関しては、家事や子育てが当たり前だと思われてしまい、そんな言葉をかけてもらうことは少ないと思う。

 

一言だけでも、お父さんに言ってもらえるだけで、育児の疲れも吹っ飛んでしまう。

 

母親側の努力も理解しよう。

 


子供と遊ぶことも重要

お父さんの役割としては、子どもと遊ぶことも重要だ。

 

子どもが大きくなるにつれて、体を使った遊びに興味をもち始めるが、そうなると母親が相手をするのも大変になってくる。

 

だから、お父さんが遊び相手になる方がいい。

 

おそらく子どもは大喜びするはずだ。

 

奥さんは1日中子どもの相手をしてクタクタなはずだ。

 

寝不足になることもあるだろう。

 

しかし昼寝で解決する問題でもない。

 

時間を決めるなり日を決めるなりして、奥さんを子育てから解放する時間を取ろう。

 

子どもと料理を作ったり、お風呂に入ったりと、お父さんにできることは、たくさんあるのだし。

 

子どもの成長を見守るためにも、子育てには積極的に関わろう。

 

子どもが大きくなったとき、それはきっと報われるはずだから。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加