★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

奥さんの産後太り

出産直後の奥さんの悩みの1つに、体重が減らないということがある。

 

原因はいくつか考えられるが、大きな原因としては出産後に、身体のあちこちに変化があると言うことだ。

 

たとえば骨盤。

 

体内に子どもがいるときは、骨盤は胎児を流産させないようにガッチリ閉まっている。

 

ところが出産する際には骨盤はゆるみ、螺旋状に胎児を外に出そうとする。

 

出産後、骨盤は開いたままになるので、産後に無理をするとそこで腰痛が発生したりする。

 

しかし出産を終えると、徐々に体重は減っていくのが普通で、早ければ数ヶ月で妊娠以前の体重近くまで戻るはずだ。

 

この場合太りやすい体質でなければ、その後の不規則な食事の時間が原因となって太ってしまう。

 

育児に大わらわで、つまみ食いばかりになったり、ストレスから過食になったり。

 

これでは太るのは当然だ。

 

それから子どもと一緒になって、お菓子など間食をすると当然太る。

 

また、お乳がでている間は、赤ん坊に栄養を供給しなくてはならないので、たくさん食べる必要があるが、それでも食べ過ぎているのかも知れない。

 

授乳中は体重が増えても仕方はないということは覚えておこう。

 



体重は1年くらい掛けて元に戻す

産後ダイエットでは、体重は1年ぐらいで元に戻すのがもっとも良いとされている。

 

急に減らすのは絶対にいけない。

 

食べる量を急激に減らせば、栄養バランスもホルモンバランスが崩れてしまうので、体重を減らしたいのなら食べる量は変えずに、運動をたくさんする必要がある。

 

体重を減らすのに、もっとも効果的と言えるのは、有酸素運動だといわれている。

 

例を挙げるとすると、水泳やジョギングやウォーキング、などが有酸素運動にあたる。

 

ただし子育て中であるから、簡単にできるのはウォーキングくらいになるのだが、のんびり散歩していてもそこそこの運動はできる。

 

子育てはエネルギーを使うから、結局食べ過ぎないことの方が早道だね。

 


広告

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術