★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術

ロバスト性 脳が成長していないのに教えても無駄

お父さんのための子育て入門。

 

脳の発達には「ロバスト性」がある。

 

ロバスト性(ロバストネス)とは、一定の時間がたってからでないと、能力が身につかないような性質のことだ。

 

たとえば幼稚園児くらいでは、まだ時間の概念がよくわからない

 

時計の読み方は、小学校2年生くらいで学ぶのだが、幼稚園くらいの歳では5分後とか10分後もわからないし、昨日や明日と言うこともよく分からない。

 

そこで「時計の長い針が真下に来たら」とか、「夜、一回寝て起きたら」という風に、具体的なモノや動作で教えるしか無い。

 

幼稚園児くらいまでの子供というのは、時間の概念が理解できないので、そういう別のモノで表現するしか無い。

 

幼い子供が何か楽しみがあると、何度も親に「まだ?」と尋ねているのは、そういうわけだ。

 

なので歌を歌ったり、テレビを見せたりして、おとなしく待たせるという工夫が必要で、時間について教えても無駄だ。

 

だってもっと成長してからでないと、時間が理解できないんだから。

 

これがつまり「ロバストネス(ロバスト性)」ということで、なのである程度の年齢まで成長しないうちに、先取り学習だとか英才教育だとか言って、形の無い抽象的なことを色々教えても身につかない

 

教える方も疲れるだけで終わる羽目になるから、年相応のモノで自由に遊ばせる方がよい。

 

幼稚園児や小学校低学年くらいまでは、目で見て、耳で聞いて、手で触って、世界を自分の感覚で確かめる時期なので、そういう体験を自由にたくさんさせて上げることが必要だ。

 

時計を読めるようになるより、積み木を積んで遊ぶことの方が重要で、それによって重さや堅さ、肌触りなどの感覚や、空間認識能力が養われるのだという。

 



幼児は、量を長さで捉える

人間の脳は、3歳くらいまでは脳の神経細胞の数が増えていく。

 

3歳から7歳くらいになると、逆に神経細胞の数がジワジワ減っていく。

 

細胞死と言って、必要が無い細胞が、どんどん死滅して減っていくのだ。

 

そして7歳から10歳頃には神経細胞が成長して、他の神経細胞とつながっていく。

 

10歳になって、ようやく大人の脳と同じ仕組みになっていく。

 

なので、子供の脳が大人の脳になるまでは、いくら一生懸命教えても覚えないし、抽象的なことも理解できないことが多い。

 

抽象的な概念で、比較的早く理解できるようになるのは「数」の概念だが、それでも7歳くらいまでは理解できない。

 

たとえば5歳くらいになると、モノを組にすることができるようになるし、数を数えることも、表面上はできるようになる。

 

しかし7歳くらいまでは、数というのは量として捉えておらず、同じ数のモノを並べても、広く並べた方が多いと感じるようだ。

 

数を数えるにしても、1,2,3,4,5,と言う風に、順番通り数えることはできても、逆に数えたり、途中の数から数え始めるようなことはできない。

 

要するに、丸覚えしているだけで、その一部を抜き出すと言うことはできない。

 

また4より1個大きい数は?などという問いには答えられないから、足し算をすることもできない。

 

つまり「数を数える」という事一つを取っても理解の段階があって、それができるようになって、次に足し算や引き算ができるようになるわけだ。

 

だから9歳とか10歳になるまでは、絵を描いたりモノを作ったり、積み木を積んだりして、体験学習を中心に学び、その経験を基にして、抽象的な概念の理解に進むわけだ。

 

ところが実は、ここからが一番の難所で、「九歳の峠」とか「10歳の壁」と言われる山場が待っている。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加