★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

子どもとの会話

初めての子育ての中で、子どもとの会話というものは、とても大事だ。

 

0才児との会話は難しいけれど、1〜2才になれば子どもも自我がはっきりしてくるので、親に何を言いたいのか、わかるようになってくる。

 

子どもが1才児の場合は、「あれが欲しい」などは指で指すようになる。

 

またいろいろ子どもなりに工夫して、動作で表したりするので、わかりやすくなる。

 

そうなると、子育てもしやすくなっていく。

 

「ママ、パパ、バイバイ、ワンワン」なども、このくらいの時期に言うようになる。

 

言葉を覚えるのが早い子どもだと、1才になる前に「ママ」と言える子どももいる。

 

では0才児の場合はどうか。

 

子どもが0才児の場合は、まだ言葉を発する事が出来ないが、子どもは何かを言おうとすることがある。

 

子どもが何か話しているように、「だぁ」とか声を出す。

 

こういう時は、子どもの目を見て、何でもいいから言葉をかけてあげればいい。

 



子供にはとにかく話しかける

親がしゃべりかけてあげれば、子どもも一生懸命しゃべりかけてくる。

 

言葉がわからなくても、きっと子どもには通じているだし、それで子どもは言葉を覚えるわけだから、とにかく何かしゃべろう。

 

1〜2才の子どもの場合は、親が普段話している言葉を、どんどん覚えていく。

 

だから汚い言葉や、悪い言葉を使っていると、子どもも同じように汚い言葉や悪い言葉を真似をして覚える。

 

だから親は、ていねいに話さなければいけない。

 

子どもの前では、なるべく主語・述語をハッキリさせ、綺麗な言葉で話すのが良いでしょう。

 

2才になる頃には、子どもも言葉の意味をだいぶ覚えてくるので、注意すべきだろう。

 

親とそっくりの話し方をする子どもは多いから、子どもを見て家での普段の親の話し方が、他の人にもわかるので気をつけよう。

 


広告

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術