★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

九歳の峠 10歳の壁

九歳の峠」とは、児童教育で、九歳頃に大きな難関を迎えるという意味だ。

 

「九歳の峠」というのはもともと、聴覚障害者教育で言われた言葉で、4年生以降の勉強が進まない現象だ。

 

脳には全く問題がないのにも関わらず、耳が聞こえにくいだけで、なぜか学習が進まないので、これは一体なぜか?ということになったわけだ。

 

この現象の直接の原因は、人間がモノを考えるときに、声という「音」を使うかららしい。

 

たとえば小学校低学年までの子供は、字を書くときに、書く字を声に出しながら書いたりする。

 

これは書きたいことをまず声に出してからでないと、文字を書くのが難しいということだろう。

 

なのでモノを考えるとき、我々の脳内では声という「音」が飛び交っていると考えられる。

 

この人間の思考が音によって行われているという説は、ずっと以前からあったが、なかなか科学的には証明できなかった。

 

しかし1990年代頃から脳の機能イメージング技術が進み、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)などで、脳の活動の様子を調べることができるようになったおかげで、人間の脳が音を使って思考していることがハッキリした。

 

fMRIという装置を使って健常者に文字や文章を見せると、脳の視覚領域が活発になると同時に、音韻処理領域(音声を扱う領域)がぴかっと光るのだ。

 

ところが、文字の読み書きにもの凄く時間がかかるディスレクシア(難読症・学習障害の一種)の傾向がある人に、同じように文字や文章を見せてみると、様子が違う。

 

と言うのもディスレクシアの人に文字や文章を見せると、視覚領域は活発に活動するが音韻処理領域の反応が鈍い。

 

つまり、文字はちゃんと見えているのだが、頭の中で文字に対する音が発生していないため、文字は意味の無い単なる模様に見えているらしい。

 

同様の事が、聴覚障害者の脳の中でも起こっているんだと考えられる。

 

※音韻処理領域…大脳基底核や左前上側頭回(側頭葉)▼発達性読み書き障害(ディスレクシア)の神経学的な病態を解明(国立精神・神経医療研究センター)



形式的操作とは

九歳の峠とは、聴覚障害者教育の難関で、小学校4年生以降の学習が、うまく進められないという現象だ。

 

この原因としては、耳が聞こえにくいことで、脳の音韻処理領域の活動に、何らかの悪影響があるせいだと考えられる。

 

人間はモノを考える際に、言葉という「音」を使ってモノを考えているため、音よりも視覚を頼りにしている人には、抽象的なことを理解するのが難しいのかもしれない。

 

そして九歳の峠は聴覚障害者のみならず、多くの知的障害者にも当てはまる。

 

学習障害の名付け親であるサミュエル・カーク博士は、知的障害児でも数能力が小学校3〜4年生くらいまでは発達するが、そこから先が難しいことを1960年代にすでに指摘していた。

 

そのためこれを「9歳の壁」とか「10歳の壁」と呼んでいたが、特に知的障害を持たない健常者の子供にも、同じような問題が発生していることがわかってきた。

 

この9歳から10歳くらいに訪れる峠や壁が、一体どんなモノなのかを説明するのは難しい。

 

しかし思い切って簡単に言うと、「抽象的な、目に見えないもの」について、考えて見る能力が身につくかどうかだ。

 

たとえば、100円玉2個と、10円玉5個を用意して、幼稚園児に「どちらが大きい」と尋ねたら、たいてい10円玉5個の方が大きいと答えるだろう。

 

10円玉の方が数が多いから、大きい。

 

100円玉の方が数が少ないから、小さい。

 

これが直感的な物の見え方であって、100円玉2個の方が大きいと教えても理解不能だ。

 

ところが10円とか100円という「単位」の概念があると、100円玉2個で200円、10円玉5個で50円。

 

200円と50円を比べると200円の方が大きいから、100円玉2個の方が大きい、という判断ができるようになる。

 

こういう風に考えることを「形式的操作」と呼ぶのだが、形式操作がうまくできるようになるかが、大きな峠になる。

 

しかしこれがとんでもなく難しい。

 

というのも今まで築き上げてきた価値観を壊していく作業だから。

 


広告

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術


子供チャレンジ

進研ゼミ 小学生講座

抱っこひも napnap公式