子どもにトイレの仕方をちゃんと教えよう!

子どもにトイレの仕方をちゃんと教えよう!

★大手幼児教室が絶対に教えてくれない 有名小学校に合格するための勉強法

★赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消!寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」

トイレのしつけ

子どもにトイレのしつけを始める時期は、だいたい2才のころが望ましい。

 

1才のころは「オシッコが出た」という認識はできるが、自分の意志ですることはできないものだ。

 

2才から3才のころになると、「オシッコが出る」という感覚がわかる。

 

オムツを触ったりもじもじ・もぞもぞするなどの、オシッコの「信号」が出てくる。

 

だからトイレのしつけは2才から3才のころに始めるのが普通だ。

 

ただし一回始めたら最後までやり通さないといけない。

 

トイレのしつけをするにあたっては、パンツの選び方も重要だ。

 

布製のパンツだと、子どもも濡れたら気持ち悪いので、オシッコが出る前に知らせてくれるのが早くなる。

 

しかし布パンツだと洗濯や床の掃除が増え、負担になる場合もある。

 

最初はパンツタイプの紙オムツから始め、次にトレーニングタイプの紙オムツ、そして最終的に布製のパンツという順序が望ましい。

 

トレーニングパンツを始めたら、毎朝起きたらトイレへ連れて行って慣れさせる。

 

朝は一番オシッコが出やすい時間だから。

 

そして布製パンツを使う場合は、最初はトレーニングパンツの中に、布製パンツを履かせても良い。

 

そうする事によって、子どもも気持ち悪がってしらせてくれるし後処理も楽だ。

 

トイレのしつけ完了にかかる期間は、だいたい6ヶ月から10ヶ月になる。

 

この間はオモラシしてしまったりしても叱らない事が大事。

 

というのもオモラシをしてしまって叱られてしまった子どもは、一気にやる気がなくなってしまうのだ。

 



正しいトイレトレーニングの仕方

同年齢の子どもが、トイレに自分でいけるようになったとしても、よそはよそ、ウチはウチである。

 

どんな子どもでも、いつか必ずオムツが取れる時期が来るのだから、焦らずに行こう。

 

トイレのしつけがうまくいかないとき、親はイライラしてしまうかもしれないが、子どもがそれに気づくと、かえって逆効果だ。

 

また、子どもの体調が悪かったり、外出したりしてトレーニングを中断しなければならないことも多いが、その日だけは割り切ってオムツを使った方がいい。

 

トイレのしつけの方法だが、やり方は簡単だ。

 

子どものトイレに行く時間がだいたい決まってきたら、タイミングを計って「トイレに行こうね」と誘ってみるといい。

 

その間にオモラシをしてしまったら、怒らずにただ拭いてあげるだけでいい。

 

そして「次はトイレに行ってしようね」と優しく言ってあげればいい。

 

これを繰り返すだけで、トイレの習慣は自然と身に付く。

 

またトイレに行くのが楽しくなるように、工夫してみるのもいい。

 

子ども用の補助便座を用意するのなら、子どもが好きなキャラクターのものや、シールなどを貼って飾り付けしてみるのもいい。

 

また、トイレに行くことができたら、ご褒美シールを1枚貼ったり、お人形を使って見本を見せてあげたり、子どもが楽しみながらトレーニングできる方法はたくさんある。

 


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加