★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術

子供の予防接種について

子どもには予防接種を、何種類も受けなさせなくてはならない。

 

予防接種とはワクチンを接種して、免疫を作ることによって病気に対する抵抗力をつける作業で、成長過程でたいていかかる病気の発病を予防したり、症状を軽くしたりする方法だ。

 

子どもというのは、生後8〜12ヶ月ごろまでに、生まれてくる際に持っていた病気の抵抗力が自然と失われていくので、これは大事だ。

 

さて予防接種には、BCG・三種混合(DPTワクチン)・ポリオ・麻疹、風疹(MRワクチン)・インフルエンザワクチンなどがある。

 

ワクチンとは予防接種に使用する薬液のことをいう。

 

種類としては生ワクチン・不活化ワクチン・トキソイドの3つの種類がある。

 

生ワクチンとは、生きた病原体の弱めたものを接種し、体の中で増やして免疫をつけるもの。

 

不活化ワクチンとは、免疫を作るのに必要な成分のみを病原体から取り出し、毒性をなくしたものを接種して免疫をつくる。

 

そして3つ目のトキソイドとは、細菌が産出する毒素だけを取り出し、毒性を弱めたものを接種して免疫をつくるものだ。

 

BCG・ポリオ・麻疹、風疹・水痘(水ぼうそう)は生ワクチンを使用する。

 

三種混合(DPTワクチン)・インフルエンザは、不活化ワクチンになる。

 

これはまあ覚えておく必要はないだろうけど。

 



予防接種の種類と時期

子どもの予防接種を受ける時期は、法律で決まっている。

 

BCGは接種回数は一回ですが、生後6ヶ月未満に受けなければならない。

 

BCGとは牛型結核菌を弱めたワクチンのことを言う。

 

子どもが結核に感染してしまうと、粟粒結核・結核性髄膜炎になり、重い後遺症を残してしまうことがあるので、その結核を予防するワクチンだ。

 

ポリオは生後3ヶ月〜18ヶ月までに、6週間以上の間隔で2回接種する。

 

集団接種で、春と秋の二回行う地域が多いようだ。

 

ポリオというのは、小児マヒと呼ばれる病気のことだが、ポリオウィルスというのは、人から人へ感染する。

 

そしてほとんどの子どもは症状が出ないが、症状が出た場合、ウィルスが血液を仲介して脳や脊髄へ感染し、麻痺を起こすことがあるのだ。

 

DPTとは三種混合ワクチンのこと。

 

ジフテリア・百日せき・破傷風の三種類をDPTと略したものだ。

 

DPTは、生後3ヶ月から90ヶ月未満、3〜8週間隔で3回接種。

 

3回接種を受けてから1年後に追加で、もう一回接種をするので計4回になる。

 

ジフテリアは感染すると、高熱・喉の痛み・犬が吠えるような咳などの症状がでる。

 

百日せきとは咳がひどく、連続的にせき込むような症状がでる。

 

破傷風は軽い傷が感染の原因になる場合もある。

 

痙攣や口があかなくなったりする症状があらわれ、処置が遅くなれば生命にかかわってしまうのだ。

 

子どもが感染する前に、早い段階で予防接種することをお勧めする。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

抱っこひも napnap公式