子どもがあまり食べない

子どもがあまり食べない

★大手幼児教室が絶対に教えてくれない 有名小学校に合格するための勉強法

★赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消!寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」

少食の悩み

子どもというのは大人と同じくらいか、それ以上にものを食べるのが普通だ。

 

そりゃそうだ、普段の活動エネルギーの分に加えて、体を作っていく栄養素を取らねばならないわけだから。

 

だから子どもが少食だと心配だ。

 

身体のどこかが悪いんじゃないかと、言わないけれど、どこか傷んでいるんじゃないかと、考えてしまう。

 

これは非常に大事なことだから、子どもを黙って観察してみる必要がある。

 

ただ少食な子どもに対して、親が「食べなさい」としつこく言っても、あまり意味はない。

 

子どもが食べないのには、それなりの理由があるはずだから。

 

たとえば、お母さん自身が、太ることを異常に恐れていることが、子どもを少食にさせる原因になっている場合がある。

 

女の子だったら4歳にもなれば、母親の価値観をも真似する。

 

そうすると子どもは、たくさん食べることは良くない、美しくないという観念を植え付けられる。

 

これは非常に良くない。

 

というのも身体ができるまでにはかなりのタンパク質が必要だが、ダイエットするとまずタンパク質が足りなくなるからだ。

 

それから微量ミネラルと言われる栄養素も、確実に取れなくなる。

 

また食卓でリラックス出来ないという場合も、少食になる原因となることがある。

 

食べるというのは本来は楽しいものだ。

 

食欲という人間の三大欲を満たすわけだから、本来楽しいモノのはずなのだ。

 

しかしそれが他のことが原因で、食卓でストレスを感じるようだと問題だ。

 

だから少食の子には、楽しくお話しながら食べさせてあげられる雰囲気作りも大事だ。

 



運動不足で腹が減らない

運動不足で腹が減らない場合も問題だろう。 子どもというのは活発に運動することで、身体に刺激を与えカロリーを消費する。 そうすればおなかをすかせて、たくさん食べられるようになるのだが、それがないと難しい。 あとは栄養素の偏りにも気をつけよう。 子どもというのは、味のハッキリしないモノは好まないが、野菜などのビタミン・ミネラルをたくさん含んだモノは、ナントカ食べさせる必要がある。 こういう食品は調整物質として働くので、必要な量の食事を必要なだけ食べさせるのに役立つ。 油モノばかりで野菜が少なければ、逆に食べ過ぎて肥満にもなりかねない。 子どもの頃から成人病になる子どもも増えてきているので、コチラも注意が必要だ。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加