★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術

子どもの火傷(やけど)

子どもは思わぬところでやけどする

 

子どもは色々な物に興味があるから、炊飯器の湯気を触ってしまったり、熱い鍋を触ってしまったり。

 

子どもがやけどをしたらすぐに、やけどをした箇所を冷水や氷水で冷やす。

 

この場合、市販の熱冷ましシートは適さないので使用しないこと。

 

服を着たまま、湯船に落っこちてしまい、やけどをした場合は、服を着せたまま冷やす。

 

服を着た状態でヤケドをした場合、無理に脱がせてしまうと、皮膚が一緒に剥がれてしまう場合もあるのだ。

 

服の上から冷やす場合は、20分程度で十分だ。

 

それからやけどの範囲が大きい場合や、皮膚が白くなった場合・黒くなった場合は、すぐに病院へ行くべきだろう。

 

時間がたつにつれ、ひどくなる場合もあり、自己判断では処置しない方が良い。

 

それから、ヤケドで水ぶくれができてしまった場合は、絶対に潰さないこと。

 

というのも潰した部分から、ばい菌が入り化膿してしまうからだ。

 

やけどは跡が残ってしまう場合もあるから、軽症でも一度、病院で診察を受けることが必要だ。

 

民間療法で、「やけどにはアロエを塗ると良い」といわれているが、子どもにはよくない。

 

馬油も良いと言われるが、感染や皮膚炎を起こす原因となってしまうことも多い。

 

子どもの皮膚は大人の皮膚に比べて薄いので、ホッカイロや湯たんぽでもやけどをしてしまうということは、覚えておいた方がいい。

 

熱湯の入ったカップラーメンや、お茶でもヤケドする。

 

ヤケドを経験させるのは、少し大きくなってからで十分だ。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加