子供を知らずのうちに虐待していないか?

子供を知らずのうちに虐待していないか?

★大手幼児教室が絶対に教えてくれない 有名小学校に合格するための勉強法

★赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消!寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」

子供の虐待

子どもを叱るとき、身体にあざができるようなことをしたら、それは虐待だ。

 

小突くとか軽くつねるとかならまだしも、何度もひっぱたいたり蹴ったり、足蹴にしたりするのであれば、原因が何であろうと、それは虐待になる。

 

こういう行為は子どもにとって、肉体的・精神的に傷を残す行為であり、何もプラスになることはない叱り方だ。

 

親の怒りを体罰のようなもので表すというのは、確かに子どもにとってわかりやすいシグナルだろうが、それがいつものことになっては、ただのイジメと変わらない。

 

これは「しつけ」でもなんでもなく、親の怒りを一方的にぶつけているだけだろう。

 

また肉体を傷つけるだけでなく、無視して子育てを放棄することも虐待にあたる。

 

こういうことをすると子どもの心に、傷を一生残してしまい、様々なトラウマ(心の傷)を作ってしまう。

 

これは子どものその後の人生に大きな禍根を残す。

 



子供の虐待はトラウマになって孫子に及ぶ

もちろん昔から、こういうことがくなかったわけではない。 だが現代では虐待がとても深刻な社会問題になっている。 最近では子どもを虐待している母親が、自分で虐待防止センターなどへ、助けを求めて電話してくるケースということまで起こっている。 というのも虐待を受けた子どもが親になったとき、やっぱり子どもを虐待してしまうと言う悪循環まで出ているのだ。 トラウマとなっていることが、無意識のうちに自分の子への虐待となってしまうのだ。 これではもう親がひとりで解決することは難しい。 心療科や精神科の病院や保健所などに連絡をとる必要がある。 放置すれば、この母親も子どもも大きな傷を負う危険性があるからだ。 人間なら誰でも感情が高ぶってしまって、思いがけず相手に強く当たってしまうことはよくある。 さらに後になって、深く後悔した経験もあるだろう。 ただし自分でやってはいけないと認識しているのに、止められない場合は、専門家や施設などに助言を求める必要がある。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加