★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術

弟、妹ができたら?

こどもにとって弟や妹が生まれて、お兄ちゃんやお姉ちゃんになる、という経験は非常に大きな出来事だ。

 

お母さんのおなかをさわらせてもらったり、耳を当てたりして赤ちゃんが生まれてくるのを、楽しみにしていることが多い。

 

しかし下の子が誕生すると親と自分との間に、弟や妹が割り込んでくることになる。

 

だから下の子の誕生に対して、ぐずったりわがままになることは仕方がない。

 

そしてそこで自分の感情を、表に出せる子どもの方が、まだ安心だ。

 

下の子が誕生した時、まったく奥さんに甘えず、あっさりしていた子は、その後、行動面で心配なことが現れる場合があるという。

 

こういう子どもは弟や妹が生まれた時に、うまくストレスを吐き出すことができず、ずっと尾を引いてしまうのだ。

 

子どもは自分は愛されていないんだ、と感じているのかもしれない。

 

だから少し行動が大人しいなと感じたら、上の子どもをひいきしてあげるべきだろう。

 



子どものかんしゃくを理解しよう

かんしゃくというのは、心の中で整理がつかない状態で引き起こされるものだ。

 

子どもがちょっとしたことでかんしゃくを起こす時期というのは、自立欲求が始まる時期だ。

 

この時期は立派な子どもになりたい、という気持ちが出てきていると言える。

 

しかしそれとは相反する気持ちも持っている。

 

立派な子どもになる自信がない、赤ちゃんや幼児のように構ってもらいたいという甘えの気持ちだ。

 

この時期は、この二つの気持ちが混在していて、二つの気持ちの間をいったりきたりしている。

 

それがかんしゃくの原因となるのだ。

 

これは自分の気持ちをうまく表現出来ないと言う、もどかしさから出てくる。

 

何か表現したいが、それがどうにもこうにもうまく行かない場合、かんしゃくという形になるわけだ。

 

そのために、かんしゃくを起こした子どもには、本当に言いたいことが何かを感じ取り慰める必要がある。

 

もちろんこれは子ども自身の心の中で、収まりがつくまでどうしようもないことだろうけれど、聞き役に徹して、その不安を減らすよう努力してみよう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加