★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術

子育ての節目は、脳の節目

お父さんのための子育て入門。

 

児童心理学や、脳の発達の研究から、子育てをまとめていくことにする。

 

子育てには節目がある

 

節目は英語で言うと「ターニングポイント」で、節目を過ぎると様相がまるで変わり、必要な知識も変わってくる。

 

子育ての節目は3歳・7歳・10歳の三つで、10歳を過ぎるともう、脳は大人の脳になる。

 

10歳というと、小学校4年生頃だから、まだまだ身体は小さいのだが、脳は完成して大人の脳になる。

 

脳の成長・発達段階を見ると、3歳・7歳・10歳で脳の発達の仕方が変わるのだ。

 

まず0歳から3歳までの間は、脳の神経細胞がどんどん増えていく

 

脳の神経細胞がどんどん増えていき、五官(目・耳・鼻・口・皮膚)から入ってきた情報を取り込んでいく。

 

しかし3歳から7歳までの間は、逆に脳の神経細胞の数は減っていく

 

これは取り込んだ情報のウチ、二度と使わない情報を消して、必要な情報や細胞のみを残す作業をしていると考えられる。

 

これを「細胞死」(アポトーシスapoptosis)という。

 

細胞死というのは、多細胞生物に見られる現象で、細胞をいったん増やしたあと、不要部分の細胞を死滅させていく現象だ。

 

オタマジャクシが成長するにつれて、尻尾が退化して短くなっていくような感じやね。

 



子供の脳と大人の脳の違い

人間の脳は、3歳まで細胞がどんどん増えていき、7歳からは逆に脳細胞の数が減少し始める。

 

一旦増えてから減るのは、細胞死(アポトーシス)と言って、必要が無い細胞が自滅していくのだ。

 

そしてそのあとの7歳から10歳の間には、神経細胞の数は増えないが、神経細胞が成長して、他の神経細胞とつながっていく。

 

これによって子供の脳から、大人の脳に変わっていくと考えられている。

 

そうして10歳ころには大人の脳とほぼ同じ働きができるようになっていく。

 

子供の脳と大人の脳がどう違うかは、このあとまた順番にまとめていくことにするが、簡単に言うと「抽象的な思考ができるようになる」。

 

たとえば10歳くらいまでの子供は、目に見えるモノについてしか考えが及ばない。

 

ジュースの多い少ないも、分量で考えられず、液面の高さで判断したりする。

 

これは「形が変わっても量は同じ」ということが、10歳未満の子供には理解できないからだ。

 

10歳未満の子供は目に見えるもので判断する。

 

たとえば細長いコップと、太めのコップを用意して、同じ分量だけジュースを注ぐ。

 

そうして「どちらが多い?」と尋ねると、たいてい背の高いコップの方を選ぶ。

 

背の高いコップを選んだ子供に、選んだ理由を聞くと、どうも高さで選んでいるらしい。

 

逆に背の低いコップの方を選ぶ子供もいるが、その場合はコップの幅(太さ)で選んでいる。

 

つまり10歳未満の子供の多くは、分量という3次元の量がまだ理解できないため、長さという1次元の量で比べているらしい。

 

体積とか容積というのは、実は抽象的概念で、脳の発達によって初めてできるようになるので、脳が発達する前にいくら教えても無駄である。

 

こういう風に、ある程度成長しないと、できるようにならないことを「ロバストネス」(ロバスト性/頑健性)と呼ぶが、ロバスト性に反して教え込んでもダメなのだ。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加