★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術

子供のアレルギー 原因は様々

子どものアレルギーには、いろいろ原因がある。

 

卵や牛乳のアレルギーをはじめとする食物アレルギーもあるし、ハウスダストなどが原因のアレルギー性鼻炎などもある。

 

ダニの死骸やホコリ、それから杉花粉などのアレルゲンは、大人以上に反応する。

 

ただし食物アレルギーは、子どもに多い。

 

そしてアレルゲン(アレルギーの原因)となる食品も様々だ。

 

だから離乳食が始まったら、毎日何を食べさせたか記入しておくと便利だ。

 

ミルクアレルギーの場合は、アレルギー対応のミルクも売っているからそれを使おう。

 

そして大豆アレルギーがあるとわかると、マーガリンや醤油、味噌は避けねばならない。

 

マーガリンには、大豆油が使われていることがあるので、避けねばならないのだ。

 

代わりに麦や米、またはひえやあわなどから作られた醤油や味噌を使おう。

 

子育ての本での知識を得ておくと、結構わかりやすく書かれている。

 

また家族の中にアレルギー体質の人がいると、やはり産まれてくる子どももアレルギーになりやすいと言われている。

 

子どもの母親やお父さんがアレルギー体質でなくても、お爺ちゃん・お婆ちゃんがアレルギーを持っていれば確率は高い。

 

アレルギー体質というのは、ハッキリした遺伝ではないけれど、免疫という生物の基本的な部分の体質なので、影響が出るのだろう。

 

さて子どもがアレルギー体質とわかったら、部屋の中の掃除をこまめにやる必要がある。

 

というのもアレルギーには、ホコリやダニ・カビ・ノミが一番よくないからだ。

 

部屋の中のホコリなどを取り除いていくうちに、アレルギーがなくなっていく子どもも多くいる。

 

毎日の掃除は、子育ての一つとして考えるべきだろう。

 

また外で遊ぶ時などは、薄着で肌を外の空気に触れさせてあげるべきだろう。

 

外気に触れることによって、子どもは抵抗力をつけ強くなるのだ。

 

最後に1才までのアレルギーは、卵白や牛乳などの食品関係のアレルギーが多く、1才以降になるとダニ・ホコリなどの割合がドンドン増えていく。

 

アレルギー検査をする場合は、採血が可能な病院なら、どこでも大丈夫。

 

アレルギー科・皮膚科という医療科もあるので、そこで検査を受ければ正確な診断結果が得られるだろう。

 

まあとにかく、部屋の中はこまめに掃除して、ダニやかびなどが発生しないように、気をつけよう。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

抱っこひも napnap公式