★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術

風しん(ふうしん)について

風しんというのは、感染者のくしゃみや咳などで簡単に感染してしまう。

 

感染してから症状が出るまでは、2〜3週間と結構潜伏期間が長いので、子育てをしていても気づくのが遅いのだ。

 

症状は感染し始めの頃は、軽い風邪と似た症状がでる。

 

そして、発熱・発疹・首のリンパ節の腫れといった症状が次々と現れてくる。

 

ただ症状がひどいまま、ずっと続くわけではない。

 

発疹や熱もだいたい2〜3日で治るので、「3日はしか」と呼ばれることもある。

 

子育て中の風邪の中では、少し安心できる方だ。

 

風しんというのは、年を取るにつれ症状が重くなっていくる。

 

なので、乳幼児期や幼少期のうちは心配するほどではない。

 

ただ妊娠している方が風しんに感染してしまうと、先天性風疹症候群という多発奇形の子どもが、産まれてくる可能性が高いのだ。

 

風しんの予防接種を受けられる年齢は生後1才からです。

 

今は麻しかと風しんの予防接種を1回で受けられます。

 

昔と比べたら子育ての中での予防接種も楽な方へと進んでいる。

 

また麻しかと風しんの混合ワクチン(MRワクチン)での副反応としては、接種してから1週間後くらいに37・5度以上の熱が出る場合がある。

 

発疹も出る子どももいますが、だいたい1〜2日間ほどで治まる。

 

麻しかと風しんのワクチンの2つを混ぜたことで、今までのワクチンと比べて副反応が増えるわけではない。

 

風しんは合併症もないので感染しても安心といっても良い。

 


麻疹(ましん)について

麻疹というのは、麻疹ウィルスの空気感染によって起こる病気だ。

 

麻疹の感染力はとても強く、子どもが感染してしまったら大変だ。

 

症状は熱・咳・鼻汁・発疹・目やになどの症状がでる。

 

感染してから4日間くらいまでは、38度以上の高熱がでるが一時的に下がる。

 

しかし口の中に口腔内粘膜疹というものが出て、翌日くらいから39度〜40度以上の高熱が出るのだ。

 

そして高熱とともに発疹が出てくる。

 

高熱は、だいたい5日間ほどで下がる。

 

子育て中に麻疹に感染することで、1番怖いのが合併症です。

 

主な合併症は、気管支炎・肺炎・中耳炎・脳炎・亜急性硬化性全脳炎という遅発性の脳炎がある。

 

麻疹に感染し、肺炎の合併症になる子どもは100人中約6人。

 

中耳炎は100人中15人ほど。

 

脳炎は3000人に1人というデーターが出ています。

 

また麻疹に感染した子どもの1万人に1人の割合で、死亡者も出るとのことです。

 

麻疹は予防接種を受ければ、合併症はほとんど起こらない。

 

予防接種を受けられる年齢は、1才からです。

 

1才になったら必ず子どもに麻疹の、予防接種を受けさせてあげましょう。

 

麻疹の予防接種を受けた際の副反応もあげておく。

 

接種当日から5人に1人の割合で、麻疹に似た副反応が出る場合がある。

 

熱が出ても子どもの食欲があり、普段と変わらない様子だったら病院へ行く必要はない。

 

明らかに普段と様子が変だったり、高熱が続くようだったら診察を受けさせよう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加