★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術

父親になつかない子どもはどうする?

今の父親は子どもにとって、あまり怖い存在ではないようだ。

 

昔は一家の大黒柱として、威厳をもった父親だったが、今では子どもを叱るのは、ほとんど母親の役割となっているようだ。

 

お父さんはむしろ怒らなくて優しい人というイメージで、子どもは見ていることが多い。

 

それではなぜ子どもがお父さんになつかないことがあるのか。

 

その理由で一番多いのが、お父さんが子どもと接する時間が少ないことだ。

 

または一緒にいてもあまり交流がない、ということではないか。

 

外に働きに出ているお父さんは、普段家にあまりいることができない。

 

なのに休みの日にほとんど交流が少ないのは、かなり問題だと思う。

 

多くのお父さんが家にいたとしても、あまり動こうとしないのではないか。

 

子どもは正直だから、自分をかわいがってくれない大人には、近づきたくないのだ。

 

「怒らない」「優しい」ということは、実は子どもの教育に無関心で、何も行動を起こせない、という場合も多いのではないか。

 

このような父親は子どもにとって、単なる親しい大人として扱われているように思える。

 



父親と母親の距離が遠いと、子供との距離も遠くなる

お父さんと母親の距離が遠い場合も、子どもとお父さんとの距離も遠くなってしまう原因になる。

 

普段は仕事に行っているため、あまり接する機会が少ないのに、家庭でもお父さんのことが話題にならないと、自然と子どももお父さんを遠ざけてしまうことが多いのだ。

 

こうなってしまったら母親が、お父さんと子どもとの距離を、縮める役割を果たさなければいけない。

 

「お父さんは、お仕事で頑張っているんだよ。

 

」とお父さんの話を聞かせたり、お父さんに子どもと遊んでもらうように頼んだり、なるべくお父さんの存在を、子どもにアピールすることが解決法だと思う。

 

これは妻との話し合いをしないと、うまくいかないことだと思う。

 

簡単にはうまくいかないことかも知れないが、子どもとお父さんが笑顔で接することができれば、きっといい家庭になる。

 

笑う門には福来たる。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

抱っこひも napnap公式