★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術

子どもを寝かしつける方法

子どもをうまく寝かしつける方法には、いくつかのコツがある。

 

まず決まった時間に布団に寝かせる事が第一だ。

 

毎回違った時間に寝かせると、子どもの睡眠の時間が狂ってしまい、寝かせるのが苦戦してしまう。

 

それから部屋を暗くしてあげる事も大事だ。

 

そうやって子どもに「もう寝る時間だ」というシグナルを出そう。

 

子どもを寝かせる時に親がまだ起きていたら、子どもは「まだ寝る時間じゃない」と認識する。

 

一緒に布団で横になって、親が寝たふりをして静かにしていると、子どもも一緒にコロッっと寝てしまうものだ。

 

最初のうちは親が寝たふりをしてから、30分から1時間くらいで子どもは寝る。

 

また絵本を読んであげたり、子守歌を歌ってあげるのも良い。

 

最近は、夜11時以降に寝る子どもも多くなったが、これはかなり不健康なことだ。

 

遅寝遅起きだと子どもの脳は鈍ってしまい、言葉の発達が遅くなったり、自分の気持ちを表現出来なくなってしまったりということも、起こりかねない。

 

理由は体内リズムが狂うからだ。

 

人間の生活リズムは、朝日を目に入れることでリセットしている。

 

朝日を浴びる事ができないと、それが狂うのだ。

 

だから朝起きる時間は、遅くても7時半までにした方がいい。

 

日の光のはいる部屋で、最低でも1時間は過ごさせないと、体内リズムがリセットされない。

 

そして日中はたくさん外の空気や太陽に触れさせてあげないといけない。

 

そうする事によって、子どもも疲れを感じるので、寝かせるのも楽になるはずだ。

 



子どもの夜泣き

夜泣きとは、原因なく号泣することを言う。

 

夜泣きは通常のぐずりとは違うので、なかなか泣き止まない事が多い。

 

子育ての中で、夜泣きというのは本当に親泣かせだ。

 

ではどうすれば泣き止むのかというと、これはもう子どもによって様々だ。

 

普通は抱っこをしてあげる事によって泣き止む場合が多い。

 

子どもに安心感を与えるのが一番効果的だといえるようだ。

 

それからミルクをあげてみたり、お茶やお水を飲ませてあげたりするのも効果がある。

 

外の空気に触れさせ、ドライブやお散歩へ連れて行くと泣き止む子どももいる。

 

子育て中の夜泣き対策の1つとして、宇津救命丸(うづきゅうめいがん)などの漢方薬もある。

 

これはもうむかしからある薬で夜泣き・かんむしに効くという。

 

ただし必ず効くと言うものでもないし、他に何か特別な原因がある場合もある。

 

夜泣きに特効薬はないので、泣きやむ方法を色々やって見つけるしかない。

 

さて夜泣きで一番辛いのは母親だろう。

 

睡眠時間も取れず、昼間は家事・子育てをして、夜はまた夜泣き。

 

イライラしてしまったり、子どもに当たってしまったりする。

 

でも夜泣きは一生続くものではない

 

夜泣きが続く期間は、こどもによって長かったり、短かったりするが、だいたいの目安としては、2〜3週間と考えておいた方が良い。

 

年齢的には、だいたい1才前後に始まって、長い子どもでは2才まで続く場合もある。

 

成長の一過程と思って頑張るしかない。

 


寝付きや目覚めが悪い場合の対処法

寝つきや目覚めが悪い子は、その子自身の心や生活に問題があるの。

 

そのような子は、友だちと遊ぼうと思っても、パッと気持ちを切り替えることができない。

 

目覚めの悪い子や朝食が食べられない子は、いつもより朝30分早く起きて、家の周りを一回り歩いてくると良いだ。

 

これを努力して続けると、お子さんは確実に変わる。

 

空気のいい朝に散歩をすることで、気持ちよく目がスッキリ覚めます。

 

30分も散歩をしていると食欲が出てくるから、おいしく朝ご飯を食べて、身体が生き生きした状態で一日のスタートを迎えることがでくる。

 

このように、朝のスタートを整えることで、はきはきとした生活ができ、夜もグッスリ眠ることがでくる。

 

30分も散歩することが難しいのなら、お父さんと一緒にゴミ捨てに付いて行くだけでもいい。

 

これを子どもの役割として習慣にすれば、仕事や役割というものを自覚することにもなるのだ。

 

また、昼間の生活において、我慢しなければいけないことや嫌な出来事が多いと、寝つきが極端に悪くなることもある。

 

母親が不安を抱えていたりすると、それが子どもに影響を与えてしまう場合もある。

 

このような場合は、そういった不安を取り去ることが大切だ。

 

当たり前のことだが、夜更かしは絶対禁物だ。

 

親がいつも夜遅くまで起きていると、子どもにも大きく影響を与えます。

 

だから、お父さんと母親の生活習慣も、一度見直す必要があると思う。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加