★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

薬の飲ませ方

子どもというのは薬を飲むのを嫌がって、なかなか飲んでくれない。

 

薬局などでは薬を飲ませるための、赤ちゃん用スポイトなども売っている。

 

シロップなどの液状薬の飲ませ方としては、小さなスポイトやスプーンを使うと良い。

 

また哺乳瓶の乳首をくわえさせて、その中へシロップを垂らして飲ませるという手もある。

 

こうすれば子どもも嫌がることはないだろう。

 

それから粉薬やドライシロップの場合は、一口で飲みきれるくらいの少量の、湯冷まし(白湯)で溶かして飲ませてあげても良い。

 

口の内側に薬を塗って、タオルなどに水を含ませて飲ませても良い。

 

坐薬の場合は先端にごく少量の水をつけ、ティッシュをあてて肛門の奥まで入れてあげてください。

 

入れたら飛び出さないように、しばらく押さえておく。

 

子どもに与える薬の種類にはいろいろある。

 

知識として覚えておこう。

 

まず抗生物質とは細菌をやっつける薬だ。

 

ただ抗生物質の副作用として、良い細菌も殺してしまい、腸内の良い菌もやっつけてしまうので、下痢を起こしたりする症状がでる場合もある。

 

なので乳幼児にはあまり向かない薬だ。

 

解熱鎮痛剤というのは、熱が38度5分以上ある時に熱を下げるための薬だ。

 

頭痛や歯痛にも効果はあるが、たいていは熱を下げる時に使われる。

 

副作用としては、安易に使用してしまうと、かえって熱が長引いてしまう場合もある。

 

本来熱は、風邪のウィルスと戦うために、身体が出すものだ。

 

だから自己判断での使用は控えた方がよい。

 



薬にも使用期限がある

薬にも使用期限というものがある

 

だから子どもが急に熱を出したからと言って、冷蔵庫にあった何年も前の座薬を使うのは危険だ。

 

座薬や飲み薬、注射薬にも使用期限はあるからだ。

 

薬の使用期限は、保存の状態にもよるが、未開封の場合、製造してから数年程度のものが多いようだ。

 

特に座薬の場合、家庭で保管する期限は、約半年程度だ。

 

錠剤や座薬は、家庭でも比較的長い間、保管しておくことができるが、目薬やシロップは、2〜4週間程度が期限だ。

 

薬を保管する場所は、温度変化の少ない冷暗所が良い。

 

直射日光に当たったり、湿度が高い状態にあると、薬が変性してしまうことがあるので、気をつけよう。

 

保管場所として最適なのは、冷蔵庫や乾燥剤を入れた缶の中などだ。

 

薬自体はある程度保管ができるが、症状にあわせて薬を服用することが一番大事だ。

 

だから処方された通りに薬を服用し、残さないように気をつけたほうがいい。

 

もし薬が残ったら、その都度処分したほうが良い。

 

そうすれば、間違えて服用することがなく安全だ。

 

子どもの薬は、年齢や体重によって、処方する量がかなり大きく変わってくるので、特に注意が必要だ。

 


広告

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術


子供チャレンジ

進研ゼミ 小学生講座

抱っこひも napnap公式