★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

スキンシップの大切さ

子どもと接していく中で、スキンシップはとても大事なことだ。

 

大切な子どもをいっぱい抱っこしてあげて、笑顔でたくさん話しかけてあげよう。

 

スキンシップをとることは、親の優しい声や笑顔を、直に感じとることができる最適の方法だ。

 

それを体感することによって、子どもはとても安心でき、自分は大切にされ愛されている、と感じることができるのだ。

 

そして自然と親と子の信頼関係を築いていくのだ。

 

子どもは毎日少しずつ成長している。

 

ちょっと前までハイハイできなかったり、歩けなかった子も、成長を重ねることで、いつの間にかできるようになっていく。

 

そんな子どもの成長を実感するとき、どんな親でもうれしいはずだ。

 

だから思いっきりの笑顔で「上手だね!」「すごいすごい!」と褒めてあげよう。

 

そして抱っこしてたくさんスキンシップをとってあげて欲しい。

 

子どもは親が喜んでいる姿にとてもうれしくなり、もっとがんばってみいようと意気込むのだ。

 

それと同時に信頼関係もさらに深まるだろう。

 



子供が泣くときとは

子どもが泣くのは、甘えたいときや自己表現を表すときだ。

 

また、おなかがすいた時や眠いときにだけ泣くわけではない。

 

さみしい時や抱っこしてほしい時などにも泣く

 

こういう場合は泣くと言うことが、不安な気持ちなどを表す手段でもあるのだ。

 

この時は、すぐに抱っこして安心させてあげよう。

 

しかし逆に抱っこをしてあげないことが増えると、徐々に子どもは泣かなくなってしまう。

 

これは手がかからなくていい子なんて思ってはいけない。

 

心の病が始まっている場合もある。

 

こういう育て方はイギリス流の子育て方なのかも知れない。

 

イギリス流だと、一々泣いても取り合わないとか言う話だ。

 

しかしこれでは、表情に乏しい性格に育ちかねない。

 

子どもはいくら泣いても抱っこしてもらえないことが続くと、自分は愛されてないと思ってしまう。

 

そして泣くのを止め、表情のない子になってしまう。

 

つまり心の底から甘えたい気持ちを、抑えてしまったのだ。

 

この状態が大きくなるまで続くと、精神の不安定がずっと続くことになる。

 

子どもの時期は、親と子どもとのスキンシップが大事だ。

 


広告

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術