★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術

乳幼児突然死症候群

乳幼児突然死症候群(またの名はSIDS)というのは、寝ている赤ちゃんがいきなり死亡してしまうものだ。

 

この病気は、生後4ヶ月〜5ヶ月くらいの赤ちゃんに多い。

 

子育てをしている母親なら、誰でも耳にしたことがあるはず。

 

乳幼児突然死症候群になってしまう原因は、脳における呼吸循環調節機能不全が考えられているが、しかし、確実な原因は未だ不明のままなのだ。

 

乳幼児突然死症候群を予防するためには、うつ伏せで寝かせないことだ。

 

仰向けで寝かせるよりも、うつ伏せ寝をする方が赤ちゃんは深い眠りに入ってしまう。

 

また両親の喫煙でも、乳幼児突然死症候群になりやすいと言われている。

 

妊娠期間中・子育て中は吸わないことをお勧めします。

 

出産してから吸う場合は、外に出て吸うか子どものいないところで喫煙するようにしよう。

 

また母乳をあげて育てるのと、粉ミルクで育てるの違いにも突然死の原因になるようだ。

 

ずっと粉ミルクで育てるよりも、やはり母乳育児の方が良いようだ。

 

母乳には乳幼児突然死症候群を抑える効果があるようだ。

 

母乳が出るなら粉ミルクで育てようと思わないことだ。

 

そして万が一、子どもが呼吸をしていないことに気づいたら、すぐに背中を叩いて刺激し救急車を呼ぶ

 

他にも予防例をいくつかあげておく。

 

1才以下の子どもには、枕を使用するのは控えましょう。

 

あとは、子どもが寝ているすぐ傍に、フワフワした毛布やタオルなどは絶対に置かないこと

 

子どもがタオルなどを顔の上にのせてしまったらとても危険だ。

 

あとはあまり部屋を暖めすぎたり着せすぎたりするのも、乳幼児突然死症候群の原因になるとも言われている。

 

親は注意しながら子育てをしなければいけない。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加